Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト

Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト

16199円

Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト

Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト:私たちの使命は、クリエーター、キュレーター、消費者をつなぐ、ラグジュアリーファッションのグローバルプラットフォームになることです。 再々レビュー雲台各所のネジを増し締めしたところ、遊びはかなり改善しました。一部ネジが結構緩んでいました。最上部のパンが最もグラグラでしたが、これもネジをおもいっきり締め付けたところ、少し改善しました。風の強い日の望遠レンズの使用は避けた方が良いですが、無風・標準レンズ程度であれば問題なさそうです。ギアは遊びを作らないとスムーズに回転出来ないので多少のガタは仕方ないのかも。星を1つから4つに変更しました。ーーーーーーーしばらく使用したら、前後左右に遊びが見られ、望遠レンズでは少しの風でブレブレです。残念ですが、造りがよくないです。どの部分が問題なのか調べるために、手でカメラを揺すって見たところ、可動部分のほぼ全てでグラグラしていました。見かけは良いですが、実用に耐えられません。星5つから1つに変更します。ーーーー購入直後のレビューこの雲台は、カメラマン憧れのアルカスイス社のC1キューブの味を、手軽に楽しめることができるモデルです。C1キューブは、国内で入手するのは30万円超の価格と受注生産のため数か月の納期が必要ですが、本機は、5万円台と約1週間の納期で入手できます。C1キューブを保有していないので、それとの比較はできませんが、私が使用している他のギア雲台5台、マンフロット社の405、410、Leofoto社のG2、G4、SWFOTO社のGH-PROの中で、最も機能と使用感が近く、人気の高いLeofoto社のG2と比較して、本機の使用感をレビューしたいと思います。1.重量:本機は625g、G2は360g。本機はG2より300g重いですが、マンフロット社の405(1.6Kg)、410(1.22Kg)に比べると、ギア雲台の中では軽い部類でしょう。本機はがっしりとした金属の塊という感じで、作りもガタはなく、ギアの遊びもありません。高級感を感じます。2.サイズ:本機は、G2よりクランプ分位縦長(写真1)。(注:オレンジの付箋から下は、社外製のパノラマヘッドのため、比較対象外です。)3.耐荷重:本機は10Kg、G2は20Kg。G2の半分しかないことになりますが、メーカーが相違すると、基準がバラバラなので参考になりません。本機は、弧を描いて微動するので、重心が雲台上にあることから、安定感はG2と同等かそれ以上と感じました。ミラーレス+100400の望遠は余裕です。ちなみに、本家のC1キューブの耐荷重は脅威の40Kg!4.パン:本機もG2も雲台上部にパノラマヘッドがついているので、カメラのパンはできますが、雲台ごとパンをすることはできません。これは通常の撮影では極めて不便です。対策として私は、雲台と三脚の間にパノラマヘッドを入れることで快適になります。本機もG2も直径60mmのパノラマヘッドがぴったり。5.可動域:本機は、前後・左右共に、最大15度の角度まで調整(チルト)できますが、G2は可動域のスペック表示がないため不明ですが、約10度程度しか動かず、本機の方が優秀です(写真2:両機とも前後・左右共に最大角度までチルトしたもの)。G2は、前後・左右共0度になると、カチッと抵抗がありますが、本機はどこまでもリニアでそれがないのが残念。(追記)G2ほどの感覚ではありませんが、微かなクリック感がありました。ほぼ気付かないレベルなので、もう少しカチッとすれば良いと思います?6.粗動:本機もG2も、ギアが直結して微動に特化しており、粗動ができません。可動域も一般の雲台に比べると狭いため、被写体によっては不便であるため、しっかりしたボール雲台等に載せて運用するのがストレスフリーでしょう(写真3:アルカスイス社のボール雲台Z1+に載せたもの)7.重心:本機は、G2同様、弧を描くように角度調整できるので、光軸のズレが最小限であり、更に、カメラの重心が雲台上のあるため、他のギア雲台、ボール雲台、3Way雲台に比べ、極めて安定的です。これが本機の最大の特徴です(写真4,5)8.付属品:本体のほか、立派なケース、合格書と保修カード(写真6)。取り扱い説明書はありませんでしたが、特段必要ないでしょう。保証期間は不明。人気ブランドの,割引発見,【お得】Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト
itouyouko@chemfish.co.jp

   CHEMFISH は電子材料中間体、医薬中間体、LCD新型材料などの研究開発、生産、販売に従事している化工企業です。中国を生産拠点から、日本市場をブランド推進戦略市場として、業務推進させて頂きます。そして、有力な科学研究機関と業務提携しながら、製品の研究開発を更新...

CHEMFISHは、何十所有名な大学、科学研究機関、研究所と連携して、新しいの製品を開発しています。 多数の研究室は博士と化学家が率いており、効率的なプロジェクト成功率を維持しています。 弊社の研究室は毎日新製品の開発と生産を行っており、製品の安定性と技術の進歩を維持するために生産開発プロセスを革新し続けています。
2019.06
CHEMFISH 2019大阪 国際高…
嘉航医薬(chemfish pharmaceutical) と秉航新材料(chemfish scie…
20
2019.07
CHEMFISH は CPHI2019上海…
2019 CPHI上海展覧会が円満に終わりました。展示会ではお客様と深…

商品の説明

"span"Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター三脚ヘッドは、非常に正確なカメラアングル調整を実行できます。 ノブはウォームとウォームドライブに接続されており、どの角度でも同じ推力を実現し、より正確な調整とより大きな耐荷重を実現します。上部は360度回転して、パノラマ撮影が可能です。 Swebo Gonは、4方向に15度の角度調整範囲があります。上部は、アルカスイス規格をサポートするクイックリリースプレートクランプです。 下部もアルカスイス規格に対応しており、3/8インチのネジ穴と2 1/4インチのネジ穴があり、どの三脚にも接続できます。 10 kgまでのテクニカルカメラに適しており、特に建築写真、風景写真、パノラマ写真に適しています。 ゴンヘッドはアルミ合金製で、ウォームギアは銅製です。

10
 

itouyouko@chemfish.co.jp

Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-23-28

Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト

Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト:私たちの使命は、クリエーター、キュレーター、消費者をつなぐ、ラグジュアリーファッションのグローバルプラットフォームになることです。 再々レビュー雲台各所のネジを増し締めしたところ、遊びはかなり改善しました。一部ネジが結構緩んでいました。最上部のパンが最もグラグラでしたが、これもネジをおもいっきり締め付けたところ、少し改善しました。風の強い日の望遠レンズの使用は避けた方が良いですが、無風・標準レンズ程度であれば問題なさそうです。ギアは遊びを作らないとスムーズに回転出来ないので多少のガタは仕方ないのかも。星を1つから4つに変更しました。ーーーーーーーしばらく使用したら、前後左右に遊びが見られ、望遠レンズでは少しの風でブレブレです。残念ですが、造りがよくないです。どの部分が問題なのか調べるために、手でカメラを揺すって見たところ、可動部分のほぼ全てでグラグラしていました。見かけは良いですが、実用に耐えられません。星5つから1つに変更します。ーーーー購入直後のレビューこの雲台は、カメラマン憧れのアルカスイス社のC1キューブの味を、手軽に楽しめることができるモデルです。C1キューブは、国内で入手するのは30万円超の価格と受注生産のため数か月の納期が必要ですが、本機は、5万円台と約1週間の納期で入手できます。C1キューブを保有していないので、それとの比較はできませんが、私が使用している他のギア雲台5台、マンフロット社の405、410、Leofoto社のG2、G4、SWFOTO社のGH-PROの中で、最も機能と使用感が近く、人気の高いLeofoto社のG2と比較して、本機の使用感をレビューしたいと思います。1.重量:本機は625g、G2は360g。本機はG2より300g重いですが、マンフロット社の405(1.6Kg)、410(1.22Kg)に比べると、ギア雲台の中では軽い部類でしょう。本機はがっしりとした金属の塊という感じで、作りもガタはなく、ギアの遊びもありません。高級感を感じます。2.サイズ:本機は、G2よりクランプ分位縦長(写真1)。(注:オレンジの付箋から下は、社外製のパノラマヘッドのため、比較対象外です。)3.耐荷重:本機は10Kg、G2は20Kg。G2の半分しかないことになりますが、メーカーが相違すると、基準がバラバラなので参考になりません。本機は、弧を描いて微動するので、重心が雲台上にあることから、安定感はG2と同等かそれ以上と感じました。ミラーレス+100400の望遠は余裕です。ちなみに、本家のC1キューブの耐荷重は脅威の40Kg!4.パン:本機もG2も雲台上部にパノラマヘッドがついているので、カメラのパンはできますが、雲台ごとパンをすることはできません。これは通常の撮影では極めて不便です。対策として私は、雲台と三脚の間にパノラマヘッドを入れることで快適になります。本機もG2も直径60mmのパノラマヘッドがぴったり。5.可動域:本機は、前後・左右共に、最大15度の角度まで調整(チルト)できますが、G2は可動域のスペック表示がないため不明ですが、約10度程度しか動かず、本機の方が優秀です(写真2:両機とも前後・左右共に最大角度までチルトしたもの)。G2は、前後・左右共0度になると、カチッと抵抗がありますが、本機はどこまでもリニアでそれがないのが残念。(追記)G2ほどの感覚ではありませんが、微かなクリック感がありました。ほぼ気付かないレベルなので、もう少しカチッとすれば良いと思います?6.粗動:本機もG2も、ギアが直結して微動に特化しており、粗動ができません。可動域も一般の雲台に比べると狭いため、被写体によっては不便であるため、しっかりしたボール雲台等に載せて運用するのがストレスフリーでしょう(写真3:アルカスイス社のボール雲台Z1+に載せたもの)7.重心:本機は、G2同様、弧を描くように角度調整できるので、光軸のズレが最小限であり、更に、カメラの重心が雲台上のあるため、他のギア雲台、ボール雲台、3Way雲台に比べ、極めて安定的です。これが本機の最大の特徴です(写真4,5)8.付属品:本体のほか、立派なケース、合格書と保修カード(写真6)。取り扱い説明書はありませんでしたが、特段必要ないでしょう。保証期間は不明。人気ブランドの,割引発見,【お得】Swebo Gon 3Dワームギヤードレベリングゴニオメーター雲台、パン、2方向チルト